カードローンの総量規制とは?銀行は対象外!

カードローンを借りるときは、総量規制という規制のことを知っておくと、得をすることがあります。総量というのは、すべての貸金業者から借りている金額について規制をするということを指しているようです。銀行は対象外なので、いくら借りていても影響はありません。消費者金融から借りている合計が80万円、クレジットカードについているキャッシング枠が20万円なら、合計で100万円です。自動車ローンや住宅ローンなども含みません。貸金業者から借りている総額が、年収の3分の1を超えていたら、総量規制に違反してしまいます。基本的には、審査の段階で年収の3分の1を超える貸付ができないようになっています。

銀行からの借入が対象外であることは有名ですが、実は信用金庫からの借入についても同じです。信用金庫は地域密着型であるため、あまりインターネットなどでは紹介がされていませんが、カードローンの条件が良く、選択肢に入れることはおすすめできます。

消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠で借りるときには、総額が年収の3分の1を超えていないかを、考えながら借りるようにしましょう。転職をして年収が下がった場合などには、一気に3分の1を下回ってしまう可能性があります。自分でも総量規制を意識しておくことで、自分があといくらくらい借りられるのかということがわかります。もちろん、必ず年収の3分の1までは借りられるというわけではないので、注意をしておきましょう。